デンロの秘密

1946年、電気加熱炉の開発・製造の会社としてデンロは始まりました。創業当時から技術へのこだわりを貫き、お客様の様々なご要望に応えるために邁進してきました。そんなデンロが業界トップメーカーまでのぼりつめることができた秘密をご紹介します。

01自前主義

核となる技術・設備は他に頼らず、全て自力で対応する “コア技術の自前主義”というポリシーが生み出したのは、デンロならではのビジネスモデルでした。

02技術連携

技術連携イメージ拡大表示

※ ELSE=Energy-saving, Labor-saving, Safety, Eco-friendly
環境対応・省力化・全自動化を実現した国内オンリーワンのめっき設備。3K(きつい・きたない・きけん)と言われた作業環境から開放。

3事業の有機的な連携がシナジー効果を生み、それぞれが持つ技術力以上の
幅広いソリューションをお客様に提供することができます。

03受けて立つ

“受けて立つ”精神で暮らしと社会基盤を支える

3事業連携型ビジネスモデルを武器に、
どんな課題にも“受けて立ち”、
突破することで信頼と実績を積み重ねてきました。
これからも“受けて立つ”精神で、
皆さんの暮らしと社会基盤を支えていきます。