社員紹介

お客様はもちろん、「お客様のお客様」の声にもしっかりと耳を傾けて。 荒川 貴志 工学部 第四類(建設・環境系)卒業 / 2007年入社  プラント部門 技術部 技術第1課 営業・設計お客様はもちろん、「お客様のお客様」の声にもしっかりと耳を傾けて。 荒川 貴志 工学部 第四類(建設・環境系)卒業 / 2007年入社  プラント部門 技術部 技術第1課 営業・設計

現在のお仕事内容を教えてください。

熱処理炉とその周辺設備といった産業用機械設備について、営業から納入まで一連の業務を行っています。また、新入社員の教育・訓練なども担当しています。

どんな課題に「受けて立った」ことがありますか?

プラント部門(八尾工場)に配属されてすぐ、ある大型設備のばね機構について、設計・選定を一任されました。しかし、お客様からご要望いただいた耐荷重の精度を実現できるばね製造会社がなかなか見つからず、Webや電話、紹介など、手を尽くして探し回りました。最終的に請け負ってくれる会社が見つかり、何度も打ち合わせながら設計通りの部品・仕様を実現。お客様にもご満足いただけるものができました。
こうした過去に例がない構造を開発するには、緻密な計算と幅広い知識が必要だと感じました。設計の意図をパートナー企業に伝えることも、きちんと理解していなければできませんから。この案件をきっかけに、どんな開発案件でも任せてもらえる存在となれるよう、設計の基礎知識をしっかりと勉強し、築いていきました。

仕事の中でのこだわりや、心がけていることは?

コミュニケーションです。設計の基礎力を築くためのキーワードは「温故知新」。先輩・上司の意見を聞いたり過去の図面を見たりして勉強し、次の設計・開発案件に活かしていくことが必要です。やはり先輩方はある程度修羅場をくぐっているので、頼りになりますよ(笑)。
また製造工場サイドの意見、お客様のご要望についてしっかり耳を傾けるのはもちろん、最終的な製品を使用される「お客様のお客様」からも市場動向やご要望をしっかりと聞き入れ、設計や営業に活かしていくべきだと感じます。

所属部門を今後、どうしていきたいですか?

製造・資材調達・設計を円滑に行えるよう、社内全体の潤滑剤のような存在になっていければと感じています。そのためにも、情報をしっかりと共有し、より活気のある職場づくりに取り組んでいきたいです。また、新人・若手社員を一人前に育てるため、課内だけでなく部門全体で教育のレベルアップを図っていければと考えています。

PHOTO

[現在までのキャリア]

1年目

入社後すぐに1年間、4つの工場を回る研修へ。各工場の先輩方から機器や工具の名称・業務内容を教わりながら、業務のサポートを行う。

2~3年目

プラント部門(八尾工場)に配属。教育担当者と一緒に設計、現地据付・試運転業務のサポートを行う。

4年目

社内設備の開発案件に携わる。設計・現地据付・試運転など、先輩・上司サポートのもと主担当として業務を行う。

5年目~現在

受注案件・開発案件などの業務をすべて1人で任されるようになり、営業にも関わる。

[1日の流れ]

7:00起床

寝ている妻と子供を起こさないよう静かに起床。春夏秋冬・晴れの日も雨の日も、バイクで通勤。

8:00出社

当日の作業内容、ノルマ・目標を設定。

9:00朝礼

課内の連絡・作業内容を確認。

10:00社内会議

受注案件の説明会。製造・資材部署へ連絡事項を伝える。

11:00業務・教育

設計・作図。製造部署、お客様、資材購入先との連絡・やりとり。また新入社員の業務進捗確認、質疑への対応。

12:00昼食

パパッと済まして、のんびり休憩。

13:00業務・教育

16:00社内会議

部門内での情報交換会。

17:00業務

19:00退社

明日の作業を確認して退社。

21:00夕食

子供の寝顔を確認。ニュースを見ながら、ゆっくり夕食。

23:00就寝

お風呂後に、ビデオを見て疲れを取る。そのまま就寝。

PHOTO

MESSAGE

プラント部門に向いているのは、
常に変化する仕事を楽しめる人。

プラント部門は、ルーチンワークのような「毎日同じ仕事」ではありません。常に変化するお客様のニーズに応える開発の仕事です。そうした仕事を楽しめる人は、この部門に向いていると思います。自分の能力を高めて、それを活かすことができる職場をじっくりと探してみてください。