鉄構部門

業界シェア40%超、送電用・通信用鉄塔のトップメーカーとして。業界シェア40%超、送電用・通信用鉄塔のトップメーカーとして。

鉄塔への想い 「ものづくり」の醍醐味

鉄構部門は、全国各地で電力エネルギーと情報ネットワークを支えている送電用鉄塔・通信用鉄塔をはじめとした、
塔状鋼構造物の設計・製作・工事・メンテナンスを行っています。 また、太陽光や風力といった
再生可能エネルギーの普及に貢献する鋼構造物の開発など、その活躍フィールドを広げています。

日本は自然災害の多い国です。いかにこれらの鋼構造物を高い信頼性をもって経済的に作り、
延命化させていくかが、私たちタワーエンジニアに課せられた社会的課題です。
そのために、ただ製品を作るだけでなく、設計技術・生産技術・点検技術・さびに強い表面処理技術などの研鑽に努め、
より合理的で進歩的な製品・工法・システムの開発に日々取り組んでいます。

鉄塔は、「私が設計した!」「我が社で作った!」と言えるバランスのよい規模のインフラ構造物で、
全国各地の街の中、山の中、公園の中に、目をひく風景のひとつとして建設されます。
思い入れの深い鉄塔は、自分自身の記念塔にも。「ものづくり」の醍醐味が味わえる仕事です。

[強み]

  • 0101

    コア技術の自前主義

    鉄塔の設計システムから生産設備・生産システムに至るまで、核(コア)となる部分は自社で開発。自前だからこそ、現場の声をもとにした改善もいち早く、工程効率化・生産コストダウン・品質維持を可能にする源泉となっています。

  • 0202

    国内最大規模の試験場

    国内最大規模の鉄塔実規模試験場を、香川県の琴平に所有しています。鉄塔の新構造や新工法は、ここでその信頼性や施工性を確認する試験を行ったうえで、世の中に送り出されます。セミモノコックタワー、ツイスト鉄塔、ジャッキアップ工法などがその例です。

  • 0303

    課題解決のための総合力

    強度設計から構造設計、製造、施工、アフターメンテナンス、研究開発まで、鉄塔に関することは何でも一貫して対応することができます。そのためお客様の抱えるどんな課題にも、あらゆる角度から検討を加え、ベストな解決策をご提案できます。

[業務内容]

業務内容拡大表示